ブログブログ

home > ブログ

歯周病の手術  part2

2011年06月29日

今日はかぶせものの下から深い虫歯になってしまった歯を、手術で治した症例をご紹介しましょう。

黒い矢印の部分わかりますか? かぶせのキワから虫歯になってしまっています。
「かぶせたらもう虫歯にならない」と思っている患者さんはかなり大勢おられますが、もちろんそんなことはありません。 かぶせと歯の境目は虫歯菌にとっては居心地のいい隠れ家のようなものです。 その部分の磨きが悪いとこのように簡単に虫歯になってしまいます。 

古いかぶせを除去して、虫歯になっていた部分を削った後の状態です。
右から2番目の歯はともかく、一番右の歯は虫歯がひどすぎて歯ぐきから上の部分がありません! このままではかぶせることもできず、手術をしないとなると抜歯しかありません。

手術後の状態です。 虫歯になっていない健康な歯が歯ぐきの上に出てきました。
簡単に言うと手術で歯ぐきの位置を下げたんです。
右から2番目の歯もちょっと歯が長くなったのがわかりますか?
この状態ならかぶせものを入れることが可能になり、歯の寿命もかなり延びます。

このように歯ぐきの下まで進んでしまったような深い虫歯でも、手術をすればまた歯の機能や健康を回復させることができるんです。  
ただし全てが適応ではありません。 
ハンパなく深い虫歯は当然抜歯になりますよ。 自分ではわかりにくいので定期的にチェックをうけましょう。

次回もお楽しみに‥

TIME
9:30〜13:00 ×
15:00〜19:00 × × ×
いちば歯科医院 Instagram
PAGETOP