ブログブログ

home > ブログ

歯科医院スーパーTC育成塾 第2回

2020年06月13日

こんにちは!

今回は、スーパーTC育成塾の第2回目についてお話します。

2月に第1回目が開催され、ブログでも紹介させていただきました。

本来は第2回目は4月にやる予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期され、6/10の開催となりました。

遠方の方や、まだセミナー会場に入るのが気になる方はオンライン参加という形もとられ、実際に会場に来ていたのは全参加者の2/3ほどの80人くらいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回勉強したことは

セカンドコンサル と 補綴コンサル です。

セカンドコンサルは、直訳すると「2度目の指導(立案)」ですが、患者さんの2度目以降の来院時に行います。

補綴コンサルは、被せ物の種類やそれぞれのメリット・デメリットを説明し、どれが患者さんの希望にあうか話し合うことです。


今回はセカンドコンサルに焦点を当てます。

何をするかというと、

・お口の中がどういう状態か  虫歯や歯周病の有無や進行度など

・虫歯や歯周病がなぜ起きるのか

・これからの治療の流れ

・しっかり治すことでどういうメリットがあるのか

などをお話しして、予防や治療に対する意識を高めてもらうことを目的としています。

 

皆さんは、ご自身のお口の中のことを把握していますか?

例えば以下の質問にすぐ答えられるでしょうか?

・自分の歯が何本あるかご存知ですか?

・神経を取った歯は何本?

・詰め物やかぶせ物が入っている歯は何本でしょうか?

すぐに正しく答えられた方は素晴らしいです!   ~(^з^)-☆

おそらく歯を大切にされている方でしょう。


それでは質問ついでに

日本人の80歳 平均して歯が何本残っていると思われますか?


答えは  7本です (ToT)

それに比べて、アメリカは17本

予防先進国と言われるスウェーデンは何と21本も残っているんです!

 

 

       

残念ながら日本はかなり遅れをとっていますね

なぜこんなにも違うのか 

それは  国民の歯に対する意識の差  です。

歯医者に対する意識調査では興味深い結果が出ています。

日本は 歯医者は歯が痛くなったら(悪くなったら)行くところ

スウェーデン・アメリカは 歯医者は歯が悪くならないようにするところ

この意識の違いが80歳になったら痛いほど出てくるわけです。

これは予防の意識が高いほど、歳をとっても歯が残るということの証明です。

そういった内容のことをお話しして、ご自身の歯に対する意識を高め、いつまでも健康なお口でいられるように動機付けを行うことが目的です。

当院ではまだ実施していませんが、これを機会にしっかり資料を準備し、スタッフをトレーニングして近いうちに取り入れて行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

講師と記念撮影 (#^.^#)

 

 

 

 

IDIA ハワイ大会

2020年04月16日

先月になりますが、

3/5〜9まで ホノルルで開催されたIDIA ハワイ大会に出席してきました。

IDIAとは International  Dental  Implant  Association  の略で

国際歯科インプラント学会のことです。

 

5年前も同学会に出席し、

その時にはインプラント認定医を取得しました。

 今回は『 tissue  management surgery course 』 を受講し、歯周外科認定医を取得してきました。

 

学会が行われた モアナサーフライダー ウエスティンリゾート&スパ

ワイキキビーチに面したロケーション最高のホテルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学会前日入りで、学会日程表と記念撮影

 

 

 

 

 

 

 

1日目 受講コースが行われた会場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

tissue management  (ティッシュ・マネージメント) とは 歯肉や粘膜等の口腔内の軟組織をコントロールすることです。

なぜそんなことが必要かというと、

歯が抜けたまま長期間放置しているとその部分の歯肉が凹んで汚れがたまりやすくなったり

不適切なブラッシングを習慣的に続けていると歯茎が下がってきて歯が長くなったり

色々不都合なことが起きてきます。

 

《軟組織の異常の例》

凹んだ歯茎

 

 

 

 

 

 

歯茎が下がって長くなってしまった歯

 

 

 

 

 

 

 

さらに、インプラントを長期間にわたって安定させるためには、その周囲に丈夫な歯肉が必要と言われており、

もともと歯肉が薄い人やほとんどない人は、歯肉を厚くしたり移植したりする必要があるわけです。

 

このように、天然歯にとってもインプラントにとっても、歯肉の厚みや位置、形態を正常にすることは、健康に機能させる上で重要なんです。

 

セミナー会場

 

 

 

 

 

 

 

セミナープログラムです。

1、講義

2、筆記試験

  これに合格しなければ認定医はもらえません。

  無事合格しました(●´∀`●)

3、実習

  実習では主に、以下の3つの手術のトレーニングを行いました。

  Apically Positioned Flap  (歯肉弁根尖側移動術)

  Free Gingival Graft  (遊離歯肉移植術)

  Connective Tissue Graft  (結合組織移植術)

 

 

 

 

 

 

 

実習を終えて、同じコースを受講した先生方と

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目

歯周病治療やインプラントで世界的にも有名な先生方の講演を聴きました。

 

 

 

 

 

 


日本からは大口式インプラントの創始者である大口弘先生が講演をされました。

普通、インプラントはドリルを使って骨に穴を開け、その穴に埋入していくんですが、

大口式はドリルを使わずに、細い針を骨に刺しその穴を徐々に広げていくという方法でインプラントを埋入するという画期的な治療法です。

もともと骨の厚みが薄い日本人向けのインプラント治療と言われており、当院でも今後導入を考えていこうかなと思いました。 

 

2日目の夜は表彰式とサーティフィケイト授与が行われました。

IDIA主宰の Drアラン・ガーグと記念撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のハワイ大会で友達になった先生方と

 

 

 

 

 

 

 

いつもそうですが、こういう大会に出席するとやはりモチベーション上がりますね。

頑張っている他の先生方を見て「俺も負けてられへん!」と常に刺激になります。

自分を成長させてくれる環境をこれからも大事にしていこうと思います。

 

 

 

Dr.山田 エンドレベルアップコース修了

2020年03月14日


今年の1月からスタートした計4日間のエンドレベルアップコース修了しました。

4年前から山田先生のエンドセミナーを受講し、それまで苦手だった根管治療に手応えを感じ、

自分の中でも確実にスキルアップして難しいケースでも対応できるようになってきたなと思っています。


ちなみに、エンドというのはENNDODONTICS(エンドドンティクス)の略で歯内療法のことです。

さらに簡単にいうと『根っこの中にある神経の管の治療』のことです。


この治療が不十分だと、かぶせが入ってしばらくしたらまた歯茎が腫れてきたとか、

痛くて噛めない、膿が出てきたなど様々な不快症状の原因となり、

またかぶせを外して根管治療のやり直しということになります。

そんな経験ありませんか?

 

根管治療の成功率が低い理由に根管の形態の複雑さが挙げられます。

神経の管は迷路のように入り組んでいることが多く、しかも細いので全てを直視することは不可能です。

細い器具を使って手探りで汚れをかき出し、洗浄剤で洗ってはまたかき出し、

の繰り返しで根っこの掃除を進めていくわけですが、

実際に汚れが取れているかどうかは、根っこの先にいくにつれてわからなくなります。

そういう根管の複雑さと手技の難しさが根管治療の成功率を下げるわけです( ;´Д`)


しかし、最近は難しい根管に対応できるように器具や薬剤も進化しており、

それらをうまく使いこなすことにより成功率をあげることができるんです。

そのためにはトレーニングが必要で、山田先生はその分野のエキスパートということです。

 

今回勉強したことは

1、下顎大臼歯、特に樋状根の拡大・形成・根管充填

2、根尖破壊、炎症性根吸収への対処法

3、山田流ハンドファイルテクニックを用いた穿通障害歯の攻略 

4、パーフォレーションリペア

 

これをもっと簡単にいうと

1、下の奥歯の変わった形の根の管の治療方法はどうするの?

2、根っこの先が大変なことになって、溶け出してる場合はどうするの?

3、神経の管がめちゃくちゃ細くてほとんど塞がってるけどなんとか掃除しなきゃいけない時どうするの?

4、傷みがひどくて根っこに穴が空いちゃってる場合はどうするの?

という感じです。


レベルアップコースでは主にこういうことを勉強しました。(^〜^)

 

実習で使った下顎大臼歯模型です。

神経の管が赤く透けて見えてますね。この掃除をしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

根管治療に必要なファイルの一部です。

 

 

 

 

 

 

 

手用ファイルと機械に接続するファイルの2種類あります。

材質で分けると、

ステンレス製(丈夫で折れにくい)と

ニッケルチタン製(しなやかで曲がった根管に適している)の2種類です。

これらを使い分けて根管に挑んでいくわけです。

 

機械用ファイルで根管拡大、清掃

 

 

 

 

 

 

 

インストラクターのチェック中

 

 

 

 

 

 

 

わん曲根管を再現した模型です。
かなりエグいっす(゜◇゜)   

 

 

 

 

 

 

  

どれが上手くいけてるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

  

正解は、両端です。

 

今までにいただいた修了証です。

2016年11月〜2017年4月   

ベーシックコース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年12月〜2019年9月   

アドバンスコース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




そして今回

2020年1、2月  レベルアップコース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根管治療は奥が深く、これからも新しい器具や治療法が開発されていくと思います。

最新の、そして良質の治療を提供できるように

これからも継続して勉強とトレーニング頑張ります!

 

 

TIME
9:30〜13:00 ×
15:00〜19:00 × × ×
いちば歯科医院 Instagram
PAGETOP