ブログブログ

home > ブログ

インプラントは安全?  サイナスリフトって?

2012年07月04日

少し前の新聞にこんな記事が載っていました。
インプラント治療でしびれなどの問題が起き、のちに大病院で
やり直した例がこの3年間で421件あったというものです。
この記事を見るとインプラントは怖いと感じられるでしょうね。

もちろん、すべてのインプラント治療が危ないわけではありません。
そこで、インプラントをより安全で快適なものにするために
いちば歯科医院で行っている治療のひとつ”サイナスリフト”をご紹介します。
日本語に訳すと「上顎洞底挙上術」といって、上顎の奥歯にインプラントをいれる際に骨の厚みを造る手術です。
上顎の中には上顎洞という空洞が左右対称にあり、奥歯が抜けるとその空洞が広がり、インプラント埋入に必要な骨の厚みがなくなってしまうことがしばしばあります。
そのような状態のところにインプラントを埋入すると、当然インプラントが上顎洞につきぬけてしまい、上顎洞に炎症が広がる原因となります。


下のレントゲン写真は左上奥のサイナスリフト前の状態です。
オレンジの点線は上顎洞底を表しています。

サイナスリフト後のレントゲン写真です。
黄色い線が手術によって増やした骨のラインです。 このようにすることで、上顎洞に
突き抜けることなく安全にインプラントを埋入することができます。

次回はインプラントと歯周病の関係について
説明したいと思います。

TIME
9:30〜13:00 ×
15:00〜19:00 × × ×
いちば歯科医院 Instagram
PAGETOP