home > 診療内容:審美補綴

審美補綴

審美補綴(しんびほてつ)とは

【審美】とは「美しさの本質を的確に見極めること、また研究すること」です。

審美補綴はかぶせ物で天然歯のような見た目の美しさと機能を回復する治療方法です。
全て保険適用外となります。
以下に当院で行っている審美補綴法についてご紹介します。

かぶせ物

オールセラミッククラウン

セラミックのみで作られたかぶせ物です。

長所
  • 美しさや色調は最も優れる
  • 金属を使用しないので金属アレルギーの方も可能
  • 金属の溶出による歯茎の変色がない
短所
  • 硬いが割れやすい(強い衝撃に弱い)
  • 噛みあう相手の歯をいためる
  • 臼歯部やブリッジには不適
  • 正面
  • 内側

メタルボンドセラミッククラウン

ベースに金属を使用し、その上にセラミックを焼きつけて作ったかぶせ物です。
現在まで最も広く使用されている方法です。

長所
  • 中身が金属なので強度に優れる
  • ほとんど全ての部位に使用可能
短所
  • 美しさはオールセラミックやジルコニアクラウンに劣る
    (劣ると言っても十分見た目はきれいです あくまで比較です)
  • 内側の歯茎に近い部分に金属が見える
  • 使用する金属によっては金属アレルギーを起こす
  • 治療前
  • 治療後
  • 正面
  • 内側

ジルコニアクラウン

ベースにジルコニアを使用しその上にセラミックを焼き付けてつくったかぶせ物です
上記のメタルボンドセラミッククラウンの金属部分の代わりにジルコニアを使用したものです

※ジルコニアは酸化ジルコニウムのことで、非常に融点が高くスペースシャトルの外壁などに用いられるほど耐熱性や強度に優れている材料です。「白い金属」とも呼ばれています

長所
  • 美しさや色調に優れる
  • ほとんど全ての部位に使用可能(ブリッジも可)
  • 金属アレルギーの方にも可能
短所
  • 費用が高い
  • 治療前(前歯)
  • 治療後(前歯)
  • 臼歯外側
  • 臼歯内側

ハイブリッドセラミッククラウン

ベースに金属を使用し、その上にセラミックとプラスチックを混ぜた(ハイブリッド)材料を焼きつけて作ったかぶせ物です

長所
  • セラミックより軟らかいので噛みあう相手の歯にやさしい
  • 臼歯部にはセラミックよりも適応
  • セラミックより安価
短所
  • 色調はセラミックを使用する上記3種の方法よりも劣る
  • 経年的な変色がある
  • 内側の歯茎に近い部分に金属が見える
  • 治療前
  • 治療後
  • 臼歯外側
  • 臼歯内側

ハイブリッドセラミックジャケットクラウン

ハイブリッドセラミックのみで作られたかぶせ物です

長所
  • 噛みあう相手の歯にやさしい
  • セラミックより安価
  • 金属色がない
短所
  • 金属の裏うちがないため強度に劣る
  • セラミックよりも色調に劣る
  • 経年的な変色がある
簡単に説明すると・・・
白い材料は「セラミック」と「ハイブリッドセラミック」の2種類
ベースに「金属を使用する」と「ジルコニアを使用する」と「何も使用しない」の3通りあるということです
※ベースにジルコニアを使用する場合は白い材料はセラミックのみになります

かぶせ物以外の審美治療

ポーセレンラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、セラミックの薄いシェルを貼り付ける方法です
エナメル質の変色や歯間離開(すきっ歯)等に適用です
前歯に使用します

歯の変色
  • 治療前
  • 治療前
歯間離開
  • 治療前
  • 治療前

ハイブリッドラミネートベニア

上記のセラミックの代わりにハイブリッドセラミックを使用したものです
適用は同じです

セラミックインレー

セラミックで作ったインレー(奥歯の詰め物)です

ハイブリッドインレー

ハイブリッドセラミックで作ったインレーです

  • 治療前
  • 治療前

BLOG一覧へ

PAGETOP